研究業績

単著書籍

1.澤井悦郎.2017b.マンボウのひみつ.岩波書店.東京,208pp.(英語ver: Sawai E. 2017b. The mystery of ocean sunfishes. Iwanami Shoten,Publishers. Tokyo, 208 pp.)(2017年8月22日販売開始)(ページ番号が打っているのは187pだけど、巻頭のイラスト含め公式のページ数が208pとしているので)




受賞

1.平成25年度岩手県三陸海域研究論文 学生の部 岩手県知事賞(Iwate Prefectural Sanriku waters research paper 2013, Part of the student, Iwate Prefectural Governor Award)2013年12月12日. 論文要旨 広報 





論文・書籍

27.澤井悦郎.2019.高知県須崎市沖で漁獲された四国初記録のウシマンボウ.日本生物地理学会会報,73:xx-xx.(査読あり;2018年x月xx日発行)

26.Sawai E, Chang YC. 2018. A rare record of the bump-head sunfish, Mola alexandrini (Tetraodontiformes: Molidae) with a 117 kg ovary from Hualien, Taiwan. Biogeography, 20: 73-77.(査読あり;2018年9月20日発行)

25.Sawai E, Yamanoue Y, Sonoyama T, Ogimoto K, Nyegaard M. 2018b. A new record of the bump-head sunfish Mola alexandrini (Tetraodontiformes: Molidae) from Yamaguchi Prefecture, western Honshu, Japan. Biogeography, 20: 51-54.(査読あり;2018年9月20日発行)

24.Nyegaard M, Sawai E. in press. Species identification of sunfish specimens (Genera Mola and Masturus, Family Molidae) from Australian and New Zealand natural history museum collections and other local sources. Data in Brief, xx: xx-xx. (doi: 10.1016/j.dib.2018.07.015)(査読あり;2018年x月xx日発行)

23.澤井悦郎・山田守彦.2018.鹿児島県産クサビフグ Ranzania laevis 若魚の形態に関する若干の知見.Nature of Kagoshima, 44: 5-8.(Sawai E, Yamada M. 2018. A little knowledge about morphology of young Ranzania laevis (Tetraodontiformes: Molidae) from off the Kagoshima mainland, southern Japan. Nature of Kagoshima, 44: 5-8.)(査読無し;2018年5月30日発行)

22.Nyegaard M, Loneragana N, Hall S, Andrew J, Sawai E, Nyegaard M. 2018b. Giant jelly eaters on the line: Species distribution and bycatch of three dominant sunfishes in the Southwest Pacific. Estuarine, Coastal and Shelf Science. 207: 1-15.(査読あり;2018年3月23日発行)

21.粟生恵理子・澤井悦郎.2018.長崎県江迎川下流域におけるヤリマンボウ(マンボウ科)の 未成魚の打ち上げ記録.日本生物地理学会会報,72:1-4.(Awau E, Sawai E. 2018. Rare stranding record of a immature Masturus lanceolatus (Molidae, Tetraodontiformes) in the lower region of the Emukae River in Nagasaki Prefecture, Japan. Bulletin of the Biogeographical Society of Japan, 72:1-4.)(査読あり;2018年1月20日発行)

20.Sawai E, Yamanoue Y, Nyegaard M, Sakai Y. 2018. Redescription of the bump-head sunfish Mola alexandrini (Ranzani 1839), senior synonym of Mola ramsayi (Giglioli 1883), with designation of a neotype for Mola mola (Linnaeus 1758) (Tetraodontiformes: Molidae). Ichthyological Research, 65(1):142-160.(査読あり;2018年1月9日発行)
press release  和文プレスリリース

19.澤井悦郎・山野上祐介・木村知晴・稲村修.2017b.日本海から2例目(富山県初記録)のウシマンボウ.魚類学雑誌,64(2): 191-193.(Sawai E, Yamanoue Y, Kimura T, Inamura O. 2017b. A second record of Mola sp. A (Ushi-manbo), from the Sea of Japan and first record from Toyama Prefecture, Japan. Japan. Japanese Journal of Ichthyology, 64(2): 191-193.)(査読あり;2017年11月25日発行)

18.澤井悦郎.2017b.マンボウのひみつ.岩波書店.東京,208pp.(英語ver: Sawai E. 2017b. The mystery of ocean sunfishes. Iwanami Shoten,Publishers. Tokyo, 208 pp.)(単著・2017年8月22日発行)

17.Nyegaard M, Sawai E, Gemmell N, Gillum J, Loneragan NR, Yamanoue Y, Stewart A. 2018a. Hiding in broad daylight: molecular and morphological data reveal a new ocean sunfish species (Tetraodontiformes: Molidae) that has eluded recognition. Zoological Journal of the Linnean Society, 182: 631-658.(査読あり;2017年7月19日発行online)

16.澤井悦郎.2017a.マンボウの現代民俗―ネットロア化した「マンボウの死因」に関する考察.Biostory, 27: 89-96.(Sawai, E. 2017a. Living folklore of ocean sunfish: notes on the Japanese netlore “causes of death of ocean sunfish”. Biostory, 27: 89-96.)(査読あり;2017年6月1日発行)

15.澤井悦郎・山田守彦.2017b.鹿児島県産ヤリマンボウ Masturus lanceolatus 若魚の成熟度および食性に関する若干の知見.Nature of Kagoshima, 43: 253-255.(Sawai E, Yamada M 2017b. A little knowledge about maturity index and feeding habit of young Masturus lanceolatus (Molidae: Tetraodontiformes) from off the Kagoshima mainland, southern Japan. Nature of Kagoshima, 43: 253-255.)(査読無し;2017年5月30日発行)

14.澤井悦郎・山田守彦.2017a.鹿児島県産ヤリマンボウ Masturus lanceolatus 若魚の外部形態.Nature of Kagoshima, 43: 249-252.(Sawai E, Yamada M 2017a. External morphology of young Masturus lanceolatus (Molidae: Tetraodontiformes) from off the Kagoshima mainland, southern Japan. Nature of Kagoshima, 43: 249-252.)(査読無し;2017年5月30日発行)

13.Sawai E, Yamanoue Y, Jawad L, Al-Mamry J, Sakai Y. 2017a. Molecular and morphological identification of Mola sunfish specimens (Actinopterygii: Tetraodontiformes: Molidae) from the Indian Ocean. Species Diversity, 22 (1):99-104.(査読あり;2017年5月25日発行)

12.澤井悦郎.2016c.正宗文庫蔵『備陽記』にみられた日本最古と考えられるマンボウの絵に関する考察.Biostory, 26: 97-101.(Sawai, E. 2016c. Notes on the picture of an sunfish believed to be the oldest Japanese record in “Biyōki” book owned by Masamune Bunko. Biostory, 26: 97-101.)(査読あり;2016年11月25日発行)

11.澤井悦郎・山野上祐介.2016b.マンボウとウシマンボウと日本におけるマンボウ研究.海洋と生物,38(4): 451-457.(Sawai E, Yamanoue Y. 2016b. Two Mola sunfishes (Mola sp. A and Mola sp. B) and researches on ocean sunfish in Japan. Aquabiology, 38(4): 451-457.)(査読無し;2016年8月15日発行)

10.澤井悦郎.2016b.マンボウ属魚類の分類形質として有効な鱗の部位の探索.Nature of Kagoshima, 42: 349-352.(Sawai, E. 2016b. Validity and position of body scales as a taxonomic character in Mola sunfishes. Nature of Kagoshima 42: 349-352.)(査読無し;2016年5月23日発行)

9.澤井悦郎.2016a.鹿児島大学総合研究博物館に保存されていたマンボウ属魚類標本の形態的種同定.Nature of Kagoshima, 42: 343-347. (Sawai, E. 2016a. Morphological identifications of preserved specimens of Mola in the Kagoshima University Museum. Nature of Kagoshima 42: 343-347.)(査読無し;2016年5月23日発行)

8.澤井悦郎・山野上祐介.2016a.神奈川県小田原沖にて冬期に漁獲されたウシマンボウ.魚類学雑誌,63(1): 54-56.(Sawai E, Yamanoue Y. 2016a. Rare winter record of Mola sp. A off the Odawara coast, Kanagawa Prefecture, Japan. Japanese Journal of Ichthyology, 63(1): 54-56.)(査読あり;2016年4月25日発行)

7.澤井悦郎・山野上祐介・望月利彦・坂井陽一.2015b.日本国内の博物館関連施設に保管されているマンボウ属の大型剥製標本に関する形態学的知見について.茨城県自然博物館研究報告.(18): 65-70. (Sawai E, Yamanoue Y, Mochizuki T, Sakai Y. 2015b. Notes on the morphological characteristics of extremely large specimens of Mola sunfishes (Tetraodontiformes, Molidae)in Japanese museum collections. Bulletin of Ibaraki Nature Museum, (18): 65-70.)(査読あり;2015年12月27日発行)

6.澤井悦郎・山野上祐介・坂井陽一.2015a.九州初記録のウシマンボウ.魚類学雑誌,62(2) :201-202.(Sawai E, Yamanoue Y, Sakai Y. 2015a. First record of a molid fish, Mola sp. A from Kyushu, Japan. Japanese Journal of Ichthyology, 62(2): 201-202.)(査読あり;2015年11月5日発行)

5.澤井悦郎・松井 萌・ダルママニ ヴィジャイ・柳 海均・桜井泰憲・山野上祐介・坂井陽一.2014.北海道初記録のウシマンボウ Mola sp. A.魚類学雑誌,61(2): 127-128. (Sawai, E., Matsui, H., Vijai, D., Yoo, H. K., Sakurai, Y., Yamanoue, Y. and Sakai, Y. 2014. First record of a molid fish, Mola sp. A from Hokkaido, Japan. Japanese Journal of Ichthyology, 61(2): 127-128.)(査読あり)

4.山野上祐介・澤井悦郎.2012.マンボウ研究最前線―分類と生態,そして生物地理.in:松浦啓一(編)『黒潮の魚たち(叢書・イクチオロギア 2)』,東海大学出版会,pp. 165-182. (英語ver: Yamanoue, Y and E. Sawai (2012) The forefront of the study of ocean sunfishes-taxonomy, ecology and biogeography. Pages 165-182 in K. Matsuura ed. Fishes in the Kuroshio Current. Tokai University Press, Kanagawa.)


3.澤井悦郎・山野上祐介・吉田有貴子・坂井陽一・橋本博明.2011.東北・三陸沿岸域におけるマンボウ属2種の出現状況と水温の関係.魚類学雑誌,58(2) :181-187. (Sawai E., Yamanoue Y., Yoshita Y., Sakai Y. and Hashimoto H. (2011) Seasonal occurrence patterns of Mola sunfishes (Mola spp. A and B; Molidae) in waters off the Sanriku region, eastern Japan. Japanese Journal of Ichthyology, 58: 181-187.)(査読あり)

2.山野上祐介・馬渕浩司・澤井悦郎・坂井陽一・橋本博明・西田睦.2010.マルチプレックスPCR法を用いた日本産マンボウ属2種のミトコンドリアDNAの簡易識別法.魚類学雑誌,57 (1): 27-34. (Yamanoue Y., Mabuchi K., Sawai E., Sakai Y., Hashimoto H. and Nishida M. 2010. Multiplex PCR-based genotyping of mitochondrial DNA from two species of ocean sunfish from the genus Mola (Tetraodontiformes: Molidae) found in Japanese waters. Japanese Journal of Ichthyology, 57: 27-34.)(査読あり)

1.澤井悦郎・山野上祐介・坂井陽一・橋本博明.2009. 日本近海で採集されたマンボウ属 (Mola spp. A and B) の形態異常個体.生物圏科学:広島大学大学院生物圏科学研究科紀要, 48:9-17. (Sawai E., Yamanoue Y., Sakai Y. and Hashimoto H. 2009. On the abnormally morphological forms in Mola sunfish (Mola spp. A and B) taken from Japanese coastal waters. Journal of the Graduate School of Biosphere Science, Hiroshima University, 48: 9-17.) (査読無し)



マンボウ以外の論文・書籍

1.小山直人・澤井悦郎・上村英幸・久米幸毅・森宗智彦・細谷和海・北川忠生.2007.近畿大学奈良キャンパスF池における魚類の生息状況.近畿大学農学部紀要,(40):85-91. (査読あり 投稿規定に書いていた)



学会発表・シンポジウムなど

18.澤井 悦郎.体重2トン以上の記録の検証より証明されるギネス世界記録に認定されている「世界最重量硬骨魚」はマンボウ Mola mola ではなくウシマンボウ Mola alexandrini .2018年度日本魚類学会年会(50周年記念大会).92,国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟,東京.2018年10月7日.(ポスター発表) ?名



17.吉原もも乃・池田 瑛真・澤井 悦郎.飼育されたマンボウの明暗条件下における行動比較 .2018年度日本魚類学会年会(50周年記念大会).151,国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟,東京.2018年10月6日.(ポスター発表) 6名



16.澤井悦郎・氷厘亭氷泉.栗本丹洲の自筆本「翻車考」から読み解く江戸時代のマンボウの分類と民俗.第27回魚類生態研究会.13,鹿児島大学水産学部4号館,鹿児島.2016年2月13日.(ポスター発表) 7名



15.澤井悦郎・山野上 祐介・張 永州・坂井陽一.台湾産個体を用いたヤリマンボウとトンガリヤリマンボウの分類学的再検討.2015年度日本魚類学会年会.101,近畿大学 奈良キャンパス,奈良.2015年9月6日.(ポスター発表) 12名



14.Sawai, E. 2014. Species identification of Mola sunfishes occurring in Korean waters using Google image search. SMART Oceans and Fisheries, Pukyong National University and Hiroshima University Joint Symposium 2014, Nov. 5, Hiroshima University.(釜慶大学校との合同シンポジウム)(口頭発表)



13.澤井悦郎.三陸海域におけるマンボウとウシマンボウの遺伝的・形態的・生態的差異.平成25年度三陸海域研究論文知事表彰事業口頭発表会(第二次選考).エスポワールいわて 特別ホール,岩手.2013年11月11日.(口頭発表)(学生の部,11:10〜11:40) 審査6名



12.Sawai, E., Y. Yamanoue, K. Sagara, Y. Yoshita, Y. Sakai. 2013. The taxonomy of ocean sunfishes (Tetraodontiformes: Molidae) with notes on changes in morphological characteristics with growth. 9th Indo-Pacific Fish Conference, 24-28 June 2013, Okinawa Convention Center, Okinawa, Japan.(IPFC9)(英語口頭発表2013年6月27日Session30 9:00-9:15)



11.澤井悦郎・山野上 祐介・張 永州・坂井陽一.花蓮海域(台湾)に出現するマンボウ属とヤリマンボウ属の分類学的検討.第24回魚類生態研究会.4,水産大学校田名臨海実験実習場,山口.2013年2月16日.(ポスター発表) 17名



10.澤井悦郎・山野上 祐介・張 永州・坂井陽一.台湾東部海域で確認された運動性のある精子を持つヤリマンボウ.2012年度日本魚類学会年会.76,水産大学校,山口.2012年9月23日.(ポスター発表) 22名



9. Sawai, E., Y. Yamanoue, Y. Sakai and H. Hashimoto. Pioneering studies of taxonomy and biology of the ocean sunfish (Molidae). Kasetsart University, Thailand. 招待講演 口頭発表(英語) 2012年2月27日



8. Sawai, E., Y. Yamanoue, Y. Sakai and H. Hashimoto. Study of global diversity of ocean sunfish (Molidae) based on morphological and genetic evidence. University of San Carlos, Philippines. 招待講演 口頭発表(英語) 2012年2月22日



7. Sawai, E., Y. Yamanoue, Y. Sakai and H. Hashimoto. Ocean sunfish (Molidae): Current status of its taxonomy, ecology and biogeography. Bicol University, Philippines. 招待講演 口頭発表(英語) 2012年2月17日



6.Sawai, E., Y. Yamanoue, Y. Sakai and H. Hashimoto. 2011. Discovery of "Ushimanbo" (Mola sp.A), the previously unknown sunfish, occurring around Japan coast ――Re-examination of the taxonomy of Mola sunfishes (Molidae). Proceedings of Marine Science and Technology, 2011 Joint International Symposium between Pukyong National University and Hiroshima University, Oct. 6, Hiroshima University.(釜慶大学校との合同シンポジウム)(口頭&ポスター発表)



5.山野上 祐介・澤井悦郎.マンボウ属各種の特徴と生物地理.2010年度日本魚類学会シンポジウム.「黒潮と日本の魚類相:ベルトコンベヤーか障壁か」.11,三重県文化会館 小ホール,三重.2010年9月26日.(口頭発表)

4.澤井悦郎・山野上 祐介・坂井陽一・橋本博明 三陸沖に来遊するマンボウ属2種の出現パターンの相違と水温の関係.2010年度日本魚類学会年会.136,三重県文化会館,三重.2010年9月24日.(ポスター発表) 


3.澤井 悦郎・山野上 祐介・坂井 陽一・橋本博明.マンボウは本当に3億個も卵を持つのか?平成22年度日本水産学会春季大会.P171,日本大学生物資源科学部,藤沢.2010年3月29日.(ポスター発表) 


2.山野上 祐介・馬渕 浩司・澤井 悦郎・橋本 博明・西田 睦. マルチプレックスPCR法を用いた日本産マンボウ属2種のミトコンドリアDNAの簡易識別法.2009年度日本魚類学会年会.94,東京海洋大学品川キャンパス,東京.2009年10月12日.(口頭発表)

1.澤井悦郎・山野上 祐介・坂井陽一・橋本博明 日本近海に出現するマンボウ属2種の形態的差異.2009年度日本魚類学会年会.118,東京海洋大学品川キャンパス,東京.2009年10月11日.(ポスター発表) 




岩波マンボウ本関連イベント

【イベント14】 テレビ埼玉 「あなたとツクルまちコミュニケーション。「マチコミ」情報番組machi-communication」(テレビ埼玉・浦和)
2018年10月3日16:45〜16:54 「マチコミ編集局」 
パーソナリティ:山崎彩紗・荒木優里


【イベント13】 TOKYO FM 80.0MHz 「高橋みなみの「これから、何する?」」(TOKYOFM)
2018年2月28日13:15〜13:20 「コレ何? TODAY」 
パーソナリティ:高橋みなみ


【イベント12】 JFN PARK「山田五郎と中川翔子の『リミックスZ』」(TOKYOFM/JFNセンター)
2018年2月27日〜2週間 夜中放送2本立て 前編 後編
パーソナリティ:山田五郎、中川翔子


【イベント11】 サンシャイン水族館(いきものキャンパス)「ヒトとマンボウを繋ぐ地上で唯一の場所〜マンボウの生態解明に貢献する水族館〜」
2018年1月27日 18:30-20:00 (3500円)n=33



【イベント10】 TBSラジオAM954+FM90.5「安住紳一郎の日曜天国」(赤坂/TBS放送センター)
2017年12月10日 11:00-11:30 「ゲストdeダバダ」
パーソナリティ:安住紳一郎、中澤有美子



【イベント9】 第十四回アクアリウムバス「マンボウ最弱伝説完全否定!〜卵を3億個産んで2匹しか生き残らないなんて誰が言った?〜」
2017年11月18日 13:10-13:55 (0円)n=20



【イベント8】 大阪自然史フェス「覆される常識! 暴かれ始めたマンボウの謎めいた生態!」
2017年11月18日 14:00-15:30 (0円)n=23



【イベント7】 ジュンク堂池袋本店「岩波ジュニア新書『マンボウのひみつ』刊行記念澤井悦郎×ツク之助トークイベント 「ウシマンボウの大いなる謎〜何故ウシマンボウは日本でメスしか見付からないのか?〜」
2017年11月2日 19:30-21:00 (1000円)n=50



【イベント6】 ベイエフエム78(海浜幕張)
2017年10月14日 18:00-19:00 「NEC Presents THE FLINTSTONE」78.0MHz
パーソナリティ:長澤ゆき



【イベント5】 スノドカフェ七間町「静岡マンボウ祭り〜『マンボウのひみつ』出版記念トーク〜」
2017年10月7日 19:00-21:00 (1500円)n=14



【イベント4】 ジュンク堂書店池袋本店7F「あまのじゃくとへそまがり『あまのじゃくとへそまがり作品集』×澤井悦郎『マンボウのひみつ』ダブルサイン会」
2017年10月01日 14:00-15:30



【イベント3】 本屋B&B「澤井悦郎×相良恒太郎「三代目研究者×初代研究者 マンボウ対談」『マンボウのひみつ』刊行記念」
2017年9月30日 15:00-17:00(2000円) n=25



【イベント2】 JAPAN FM NETWORK(東京)
2017年9月28日 12:30-12:45 「simple style −オヒルノオト−」コーナー
パーソナリティ:リアド慈英蘭(ジェイラン)



【イベント1】 静岡市のコミュニティラジオ局FM-Hi!(76.9Mhz ひるラジ(金))
2017年9月15日 14:35-15:00 「人にぞっこん」コーナー
パーソナリティ:TJ



【模試出題】 2018年3月4日.新6年 日能研 全国公開模試.国語の問題第4問目.p.3-12.


【書評18】 日本海テレビ.2018.境港で初の”マンボウ祭”その魅力は?(鳥取県).日テレNEWS24.2018年4月9日

【書評17】 勝田千尋.2018.鳥取県境港市でマンボウ祭.中海テレビ放送.2018年4月8日

【書評16】 野口みな子.2018.それ、マンボウじゃなくて「○○」です… 混同されすぎマンボウの闇.withnews.2018年4月3日

【書評15】 TBSラジオAM954+FM90.5「うしろシティ星のギガボディ」(withnews2本目紹介)
2018年3月7日 0:00-1:00 「withnews・気になるアレコレ」
パーソナリティ:金子学 / 阿諏訪泰義(うしろシティ)


【書評14】 野口みな子.2018.マンボウを襲った「バブル崩壊」 学名連発の挙げ句、10分の1に….withnews.2018年2月25日

【書評13】 野口みな子.2018.マンボウに「ギネス塗り替える」発見!「おっとっと」への影響は?.withnews.2018年2月25日

【書評12】 岡 弥生.2018.ウシマンボウの学名が決定!.DIVER(February 2018),(440):128. 2018年1月10日

【書評11】 武山智博.2017.マンボウのひみつ(図書紹介・New Publications).魚類学雑誌,64(2): 224.

【書評10】 ダイバー株式会社.マンボウが知りたい! .DIVER2017年12月号(NO.438), 87-89 p. 2017年11月10日

【書評9】 木村衣有子.マンボウ食べてみよう.下野新聞.2017年10月29日

【書評8】 生物研究社.2017. Books Information. 海洋と生物,39(5): 532.

【書評7】 野口みな子.教えてマンボウ博士! 「3億個の卵→生き残るのは2匹」説はウソ?.withnews.2017年10月20日

【書評6】 ダイバー株式会社.Monthly Information.DIVER2017年11月号(NO.437), 113p. 2017年10月10日

【書評5】 西正之.オススメ編集部から.朝日新聞 (朝刊).2017年10月01日

【書評4】森山和道.森山和道の読書日記.日経サイエンス2017年11月号, 113p. 2017年09月25日

【書評3】高坂浩一.本屋さんの一期一冊.朝日中高生新聞. 2017年09月24日

【書評2】東えりか.文庫新書.読売新聞 (朝刊).2017年09月17日

【書評1】 仲野徹.みんな大好き大興奮!(のはず)『マンボウのひみつ』.HONZ.2017年09月02日



講演会・勉強会など

11.澤井悦郎.ウシマンボウ〜世界一重い硬骨魚としてギネス記録に認定されるまで〜.魚の会(うおのかい) 平成30年度第3回講演会.神奈川県立生命の星・地球博物館 1階西側講義室,神奈川.2018年11月24日14:00-15:00(口頭発表).


10.澤井悦郎.125年ぶりの大発見! 新種カクレマンボウの謎を追え!.大阪自然史フェスティバル2018 講演会.大阪市立自然史博物館 講堂,大阪.2018年11月19日11:00-12:00(口頭発表).


9.澤井悦郎.山から生まれたマンボウ研究者-ウシマンボウとカクレマンボウの名付け親-.里山学連続講座(第62回).近畿大学農学部(203教室),奈良.2018年5月19日13:00-14:00(口頭発表).


8.澤井悦郎.チョボリンが日本一の「マンボウ」になる理由.海とくらしの史料館,鳥取(マンボウ祭〜其肉淡泊ナリ油多味ヨシ〜).2018年4月7日(14〜15時)〜8日(10〜11時)(口頭発表).


7.澤井悦郎.第2回HIRAKUインターンシップチャレンジカフェ&特別研究員成果報告会;ニュージーランドにおける「マンボウ科魚類の分類・生態・民俗に関する研究」および「博物館学の学習」&「マンボウに関する複合領域研究 Interdisciplinary research of the ocean sunfish」.広島大学学生プラザ1F東側(東広島キャンパス).2016年8月2日.(口頭発表)(13:00〜17:00)


6.澤井悦郎.広島大学で行われたマンボウ研究.下関市立しものせき水族館 海響館,山口.2016年4月23日.(口頭発表)(18:00〜18:40)


5.澤井悦郎.広島大学とマンボウ研究の歴史.鹿児島大学総合博物館.鹿児島大学郡元キャンパス共同利用棟,鹿児島.2016年2月10日.(口頭発表)(18:00〜18:40)


4.澤井悦郎.三陸海域におけるマンボウとウシマンボウの遺伝的・形態的・生態的差異.平成25年度三陸海域研究論文 受賞記念講演(論文の概要と今後の抱負).エスポワールいわて 特別ホール,岩手.2013年12月12日.(口頭発表)(14:45〜15:5)


3.澤井悦郎.「マンボウ研究から学ぶ分類学」.日本生物学オリンピック2011 本選(広島大会)最先端研究室訪問.広島大学生物圏科学研究科,広島.2011年8月20日.(口頭発表)


2.澤井悦郎.「研究の世界をのぞいてみよう!〜若手研究者によるマンボウ研究の最前線〜」.第94回自然観察会(特別研修会).おもしろトークショーA, 広島大学総合博物館,広島.2011年3月19日.(口頭発表)


1.澤井悦郎.第一回勉強会 in 海遊館.大阪.2011年1月6日.(口頭発表)





商品作成協力など

1.澤井悦郎・山野上 祐介.2011.2013年2月(マンボウ・ウシマンボウ)in『BLS Calendar 2012(Bio-Logging Science――フィールド探査の新手法 動物たちは知っている)』.日本バイオロギング研究会.(写真提供・マンボウとウシマンボウの解説 ※2013年2月分だけ)

   



取材・企画展協力など

37. 野口みな子.2018.見た目はマンボウ、謎の「世界一重い硬骨魚」漁獲されたのは「千葉」.withnews.2018年11月3日

36..yamada. 2018. 「ざんねんないきもの事典」のマンボウの記述は正確でない!マンボウ専門家が懸念する「間違った情報」の蔓延.edamame. 2018年9月20日.写真・情報提供

35..海響館.2018.特別企画展「寄生して生きていく虫の話〜あなたのそばにいるかもね〜」(2018年7月7日〜2018年10月28日).情報提供

34. 野口みな子.2018.海水魚がなぜ?「ヤリマンボウ」が川で発見!「何とも言えない」理由.withnews.2018年7月11日

33.小原ヨシツグ.2018.ガタガールsp. 阿比留中生物部活動レポート(第1巻).講談社(シリウスKC),東京.182pp.

32.久保田恭子.2018.マンボウの不思議知ろう.日本海新聞(朝刊,中海圏域版,2018年4月11日),19面. 31.Scientific American (=Main D).2018.我こそ最大 最大の硬骨魚はウシマンボウ.日経サイエンス,48(5)=(通巻563号): 23. 30.野口みな子.2018.「奥深いマンボウ研究し続け12年」.ココハツ.朝日新聞(夕刊).2018年3月17日.3ページ目.



29.Main D. 2018. World's Heaviest Bony Fish Was Misidentified. Scientific American. (Main D. 2018. Fishy behemoth: World's largest bony fish was previously misidentified. Scientific American, 318(3): 12.) ウシマンボウ世界中誤同定記事 

28.Roffe C. 2017. The Mola Alexandrini Was Mistaken For The Wrong Fish For Years. by Seeker. ウシマンボウ=世界最重量硬骨魚紹介動画 

27.ねとらぼ.「丸ごと一冊マンボウ『マンボウのひみつ』発売 著者は新種「カクレマンボウ」発見の研究者」.2017年8月9日.



26.朝日新聞(夕刊).「幻のマンボウいた! 広島大など新種発見」.2017年7月22日.(「新種「カクレマンボウ」見つけた 日豪、捜索10年」朝日新聞デジタル)



25.共同通信.「南半球海域にマンボウ新種 日豪研究チームが確認」.2017年7月22日.



24.成島悦雄 (監修).2017.3億もの卵をもつ子だくさんのママ マンボウ.In:『最強の生物(ポプラディア大図鑑WONDA アドベンチャー(2))』.ポプラ社,東京,pp. 82-83. 取材・写真・資料提供


23.タモリ倶楽部.2017.「救え!マイナー海洋生物研究者!ドクター・マンボウVSウツボマスター」.2017年2月10日放送 深夜0時20分〜0時50分   出演・資料提供


22.福井篤.2016.マンボウのなかま in 『講談社の動く図鑑MOVE 魚 新訂版』.講談社,東京.pp.170-171.(全224pp.)取材・写真・資料提供

21.新学社.2016.マンボウのたまごの数は世界一!!.ポピーマガジン ぴかり!!(2016年4月).新学社,福岡,7p.  写真・情報提供



20.神村正史.2016.朝日新聞(朝刊).「知床の海、南方系の魚増」.2016年3月17日.  情報提供・コメント



19.天才科学者は爆買いをこう見た!.『2015 重大ニュースを科学で斬ったら丸もうけ SP』.ABC朝日放送.大阪. 2015年12月26日(土)15:00〜16:00放映. 写真提供・取材対応




18.魚類最弱!マンボウ・最弱伝説の真相に迫る.『な〜るほどマスカレッジ』.ZIP!,日本テレビ,東京.2015年7月29日(水) 07:26-07:36放映. 画像を提供



17.本村浩之.2015.学研の図鑑LIVE・魚.学研教育出版,東京,248pp.(マンボウ類は182,183,193p) 写真提供


16.宮内 諭.2015.生き物のふしぎ マンボウ.Newton,35(5): 136-139. 取材・情報提供



15.「ふぐ展」.西海国立公園 九十九島水族館「海きらら」,長崎.2015年3月14日〜2014年5月10日(特別企画展示).写真・情報提供



14.渡辺佑基 and 澤井悦郎.マンボウの泳ぎの秘密 in(2)水中の成功者「魚類」.「ヒレのヒミツ〜スイマーたちの華麗な物語〜」.海遊館,大阪.2014年4月25日〜2014年7月13日,2014年10月17日〜2015年4月5日(企画展示).写真・情報提供



13.渡辺佑基.2014.第二章 泳ぐ――遊泳の技巧はサメに習う in ペンギンが教えてくれた 物理のはなし.河出書房新社,東京.pp57-97.(※第二章のマンボウの話に私が少し出てきます)取材



12.澤井悦郎.卵の〇〇が〇〇で賞.「海−1グランプリ」.島根県立しまね海洋館アクアス,島根.2014年3月15日〜2014年5月6日(特別企画展示).卵巣提供



11.岩手日報(朝刊).「三陸研究論文 県が3人表彰」.2013年12月13日.



10.『月曜から夜ふかし(関ジャニ村上とマツコが話題の件を語り合う…ついに島根に明るいニュース!日本一の旨い新米が隠岐に!マツコ徹底的に食す&マンボウとれ過ぎ問題&村上の人気調査決定版!)』.日本テレビ,東京.2013年10月14日(月) 23:59-24:54放映. 写真提供・取材対応

    

9.山岸敦.2012.海の中に産む卵 in『色・形・大きさ、さまざま! たまご大図鑑 ダチョウからミジンコまで』.PHP研究所,東京.pp. 34-35.(全63pp.)  写真提供・校閲


8.下瀬 環・澤井悦郎.2012. アングラー高橋一郎 国内6ビルフィッシャーを目指して.BIGGAME. 7(2): 16-17(通巻029号;発行日6月29日).


7.福井篤.2012.マンボウのなかま in 『講談社の動く図鑑MOVE 魚』.講談社,東京.pp.150-151.(全200pp.)取材・写真・資料提供
   

6.『カードバトルクイズ シチョーシャーズ!! 1億3000万人VS芸能人』.東海テレビ,愛知.2011年12月25日(日) 16:05-17:25放映(Gコード: 2095835).動画・画像・解説

   

5.「バイオロギング:動物目線の行動学」.国立科学博物館,東京.2011年12月23日〜2012年3月4日(企画展).写真・相談

    

4.Galeotti, R. 2011. "Portofino, il mondo studia i pesci luna", IL SECOLO XIX (levante), 2011.5.27(Italia news).取材

        

3.安延尚文.2011.君の知らないマンボウ物語.『月刊ダイバー6月号(ダイバー株式会社)』,(360):116-117.2011年5月10日発売.取材・写真・資料提供7000n
HPには裏話「私のマンボウ物語」も載っています。

   

2.澤井悦郎.謎だらけのマンボウ.「ちいさな海のいきものたち かわいい!コレクション」.海遊館,大阪.2011年3月11日〜2012年1月9日(特別企画展示).解説・卵提供
     

1.佐藤克文.2011. マンボウも、やるときはやる.pp. 119-139.平凡社新書568,巨大翼竜は飛べたのか スケールと行動の動物学.平凡社,東京.(※第三章のマンボウの話に私が少し出てきます)取材
     

マスコミへの情報提供依頼(2018年)
・TBSテレビ「東大王」2018年3月5日
・テレビ朝日「みんなのスゴイ超えちゃいました」2018年3月27日
・日本テレビ「超問クイズ!」2018年6月20日
・NHK Eテレ「シャキーン!」2018年10月19日

マスコミへの情報提供依頼(2017年)
・フジテレビ「コドンパミン!!」2017年3月4日
・TBSテレビ「東大王」2017年8月31日
・TBSテレビ「アイ・アム冒険少年」2017年10月11〜13日
・毎日放送「林先生が驚く初耳学!」2017年10月27日
・NHK「ダーウィンが来た!生きもの新伝説」2017年10月27日
・テレビ朝日「ビートたけしの知らないニュース」2017年12月20日

マスコミへの情報提供依頼(2016年)
・「クイズプレゼンバラエティーQさま!!」2016年10月20日
・「タモリ倶楽部」2016年11月
・「この差って何ですか? TBS」2016年12月7日

マスコミへの情報提供依頼(2015年)
・「朝日新聞 根室支局」2015年12月17日
・「ABC朝日放送」2015年12月9日
・「Zip」2015年7月21日
・「中居正広のミになる図書館」2015年5月20日

マスコミへの情報提供依頼(2014年)
・NHK北見放送局2014年11月8日(NHKニュース「おはよう日本 〜海中異変を追え〜」 11月9日07:00〜07:40)
・NHK函館放送局 「北海道news web」2014年8月18日(「1トン超 巨大マンボウが網に」 8月19日7:01〜)
・日本テレビ報道局 「news every」2014年8月18日(「定置網に巨大マンボウ・北海道の海に…ナゼ?」8月18日17:48〜)
・TBSテレビ「ひるおび!」2014年8月18日(「北の海で1トン超マンボウ・海から秋の知らせ!?」 8月18日11:55〜)

マスコミへの情報提供依頼(2013年)
・日本テレビ「所さんの目がテン!」2013年10月
・日テレ「月曜から夜更かし」2013年9月
・フジテレビ「TOKIOカケル」2013年7月
・テレビ朝日「くりぃむクイズミラクルナイン」2013年7月
・NHK「クイズ100人力!」2013年6月
・NHK「すイエんサー」2013年3月


100manbou seibu90/440 zen254/1053(+129+119)
77
70

Top